無利息で特長のある新生銀行レイクのカードローンは総量規制対象外

レイクと言えば以前であれば大手の消費者金融会社であり、貸金業法の中で括られる総量規制対象のキャッシングでしたが、現在は新生銀行レイクとして銀行のカードローンとして提供しています。銀行のカードローンとなったことで総量規制対象外となっています。総量規制対象外の線引きは貸金業と銀行の違い、クレジットカードのキャッシングも総量規制の対象ですが、レイクは変わらないのです。この新生銀行レイクの特長としては短期で返済が可能な方にはメリットも大きいカードローンということです。無利息の選択は二つ、借り入れ総額のうち5万円まで180日間にわたり無利息となるローンと、30日間何でも無利息となる二つの方法が選べる点です。30日間の無利息は完済した日から次期の無利息が効きますが、繰り返し30日間無利息となる点は急な出費で短期に返済が可能な方には向いています。新生銀行レイクのカードローンは総量規制対象外であるため、他のキャッシングを利用していても利用できる点です。銀行のカードローンは審査が厳しいのですが、新生銀行レイクは消費者金融会社の個人向け融資のノウハウを活かして柔軟に対応しています。

新生銀行レイクで滞納しそうになった場合の対処方法とは

審査が無事に通って、カードローンが使用できると喜んでも、きちんと借りたお金は返済しないといけません。返済が遅れてしまい、滞納してしまった場合、新生銀行レイクでは、どのような取立てをされてしまうのでしょうか?一言に取立てと言うと、家の玄関前に怖い人が来てなんていう、とても恐ろしいイメージがありますが、新生銀行レイクの場合は、電話での督促がメインになります。ですので、支払いを忘れてしまって滞納してしまうと、電話が掛かってきてしまいますので、あらかじめ支払いが遅れるとわかっている場合には、事前に新生銀行レイクに伝えておく必要があります。その方法とは、ホームページの会員情報にログインをして、返済期日の登録をすることです。事前に登録をしておくのとしておかないのでは、信用にも関わってきますので、面倒だと思ってもしっかり登録するようにしましょう。しかし、過去に何度も滞納してしまっている人は、返済期日の登録が出来ない人もいますので、注意が必要です。何よりも、お金を借りたら滞納せず、きちんと返済する事が重要ですので、お金の借入れは計画的に行いましょう。

新生銀行レイクのキャッシング申込みと他社借入について

新生銀行レイクは、アルバイトやパートの仕事をしている人でも、安定した収入が有る人で、満20歳以上65歳以下の人であればキャッシングを可能にしてくれます。そのため、新生銀行レイクのキャッシングの条件は、満20歳以上65歳以下、職業に関係なく、安定した収入があれば申込みを行い、キャッシングの審査に通りやすいと言えるのです。また、新生銀行レイクでは、パソコンなどを利用する事で、簡単に申込みを可能してくれます。この申込みは、仮審査申込みとなるもので、最初に借り入れ診断を受ける事で申込みを行いキャッシングが可能か否かが解る仕組みになっています。但し、これは正式の審査を行なってみないと解りませんので、あくまでも簡易審査という形になります。簡易審査の中には、他社借入件数を記載するところがありますが、他社借入も件数が多いとキャッシングの審査に通らない可能性も出てきます。また、他社借入が有っても、現在の借入金額が少ない事でキャッシングの審査に通る事もあります。消費者金融よりも専業主婦 カードローンの方が売上が高くなってきているということは需要があるのでしょうね。

新生銀行レイクのローンを短期間だけ利用するメリット

新生銀行レイクは、新生銀行で扱っている個人向けのローンサービスで、4.5%〜18.0%の貸付金利、1万円から最大で500万まで融資を受けられます。融資を受けるのに必要な書類は、運転免許証と収入証明だけで、担保や保証人は必要ありません。100万円までの融資なら、収入証明も不要なので、専業主婦やパートの女性でも気軽に借入することができます。新生銀行レイクで1万円から500万円までの融資限度額は、利用者の収入により異なり、収入が多いほど融資限度額も大きく設定できます。また、融資限度額が大きいほど利息は低くなるため、限度額までの金額を借入するかどうかは別としても、限度額は大きく設定するほうがメリットがあります。利息は年利を1年の年数で割った日割り計算になるため、融資を受けても短期で返済すれば利息は少なくなります。新生銀行レイクで借入をする場合は、短期であてばほとんど利息がつかないため、ボーナスまでの短期間だけお金が足りないなどのシーンで有効に活用できます。

新生銀行レイクと消費者金融レイクとの違いについての注意点

レイクと言えば、かっての消費者金融のレイクを思い浮かべますが、新生銀行レイクは消費者金融のレイクとは全く別物ですので、注意点として頭に入れておく必要があります。どういうことかと言えば、消費者金融はサラ金と呼ばれ取り立てが厳しく、自殺者も出すなど社会問題となりました。この中には、サラ金時代のレイクも入っていたわけですので、思い浮かべても不思議はありません。サラ金会社は銀行からお金を借りて、顧客に貸し出しするのですが、銀行から借りた利息を除いた部分が利益となるわけです。銀行から借りている分、利息が高くなるのです。その後は法律改正等で利息が下げられ、多くのサラ金会社は経営危機に陥り、銀行の傘下に入ったり、解散に追い込まれました。新生銀行レイクは銀行の子会社になるのではなく、全く別の新生銀行のカードローンとして生まれ変わりました。サラ金と違い、銀行ですので利息は低額ですので安心してお借りすることが出来ます。といっても、お金を借りる時には借り過ぎなどの注意点は変わりません。かってのレイクを利用していた方には注意点があります。新生銀行レイクは全ての消費者金融を引き継いではおりません、別の会社が存続しているのです。過払いローンの請求につきましてはそちらの会社に請求する必要があります。

新生銀行レイクの借入額増額についての知識

新生銀行レイクなどの消費者金融の増額のポイントは勤め先の勤続年数が長くて、他社を含めて遅延が無いことや、利用頻度が高いこと、年収の3分の1以下という限度額設定に対して余力があり一括返済などの経験があることなどです。新生銀行レイクはさまざまなサービスを展開していて、女子向けのサービスであるレディースレイクや初回利用時の無利息融資の期間が30日間で5万円以下の場合には180日間という長い期間にわたって利息がかからないというサービスをしています。増額に関しては返済している途中であっても適用されるので、年収250万円の人が毎月1.5万円を返済しているという状況などでは新生銀行レイクから借入枠が増額したという通知が来る可能性があります。これは無差別に増額しているのではなく、利用頻度や、年収、信用度などを考慮した上で判断されているものなので、誰にでも一律に借入額を増額する通知を出すということはあり得ません。

Copyright(C) 新生銀行レイクについてのレポートAll Rights Reserved.